ペニスのサイズが小さい原因は?

ペニスのサイズを何とか大きくしたいと調べる中で、一番最初に調べたことが、なぜペニスのサイズが小さいのか?ということ。

ペニスを大きくするためにも、その根本原因がわからなければ大きくすることもできないと考えたからです。

根本原因を知って、その原因を改善する。

なにごともおいても必要なことだけど、ペニスを大きくするうえでも必要なことと感じて、ペニスが小さい原因を調べました。

ペニスが小さい原因は2つある

遺伝的にペニスが小さくなる、ということもありますが、その可能性は少ないです。

背や体形などはある程度遺伝で決まってきますが、ペニスのサイズは遺伝ではありません。

ペニスが小さくなる原因は2つあります。

・栄養不足による発達不足
・男性ホルモン不足による勃起不足

です。

栄養不足による発達不足

ペニスは「海綿体細胞」と呼ばれる細胞と、下腹部からつながる筋肉で構成されています。

もともとのペニスが小さいのは、この細胞ひとつひとつのサイズが小さいから。

細胞が小さい理由は、細胞が大きくなるための栄養素が足りないからです。

具体的には、アルギニンなどを中心とする必須アミノ酸成分。

普通は食生活から摂取するのですが、摂取量が足りなかったり吸収率が悪いと、海綿体細胞が大きくならないで、ペニスが小さくなります。

でも、成人してからでもペニスは大きくなるのか?という疑問が残りませんか?

ペニスは細胞と筋肉で構成されているというのがポイントです。

人の背は思春期の成長でほぼ決まってしまいます。背を決める体の骨格、「骨」は思春期で成長が止まるからです。

ただ、細胞や筋肉は違います。

大人になっても、体は太りますよね?筋トレすれば筋肉は肥大しますよね?

それと一緒で、ペニスの細胞も筋肉も、大人になってからでもサイズは変わるんです。

つまり、適切な栄養成分を適切に摂取すれば、ペニスは十分大きくなるということです。

男性ホルモン不足による勃起不足

勃起時のペニスのサイズを決めるのは男性ホルモンの分泌量です。

性的に興奮したときに、男性ホルモンが分泌されるのですが、その分泌量が多いほどペニスは大きく勃起します。

ペニスは、海綿体細胞が膨張して勃起します。

この膨張に必要なのが男性ホルモンです。

男性ホルモンがガソリンのような役割となり、男性ホルモンを燃焼して海綿体細胞がどんどん肥大します。

ひとつひとつの細胞が大きく膨張することで、ペニス自体も力強く反り返るように勃起するわけです。

つまり、男性ホルモンの分泌量が増やせれば、ペニスは力強く大きく勃起するようになるわけです。

ペニスのサイズを大きくするためには、この2つを改善することが不可欠です。

ただ逆に言うと、この2つが改善できればペニスは大きくなるし、この2つを改善することができるのが、僕も飲んでいたペニス増大サプリになるわけです。